どうしても好きになれない人はいます


これは仕方のないことです、世の中すべての人と同じように仲良くできる人間なんて、絶対にいません。
私の経験から言えば、世の中には好きになれる人と嫌いな人がいるからこそ、恋愛というものがうまくいくのではないかなと思うわけですが。
だって、誰もが同じ人を好きになったり、何人もの異性を同時に同じくらい好きになったりしたら、恋愛関係や結婚生活がうまくいくわけがないのですから。

どうしても好きになれないタイプの人と、積極的にお付き合いしようと考える人はまずいないでしょう。
普通は、好きになれないタイプの人とのお付き合いは避けるはずなんです。
もちろん、第一印象がすごくよかったという人でも、だんだんと相手の欠点に気が付いてきて、好きだった人を嫌いになってしまうということはあります。
自分がどういう人を好きになって、またどういう人がどうしても好きになれないのかというのは、出会い系サイトを利用して新しい出会いを求める際にも、考えなければならないことです。

考えなければならないといっても、おそらく多くの人が無意識のうちに考えているはずです。
出会い系サイトを利用することは、誰にとってもものすごく簡単で、仕事の空き時間や、事業の空き時間、さらには通勤通学途中に電車の中でも簡単に出会い系サイトのチェックができるので、誰だって、出会い系サイトを利用していさえすれば、同じようにステキな出会いを実現できるのだというふうに考える人がいるかもしれません。

でも、人間関係(特に男女間の人間関係)というのはそれほど簡単なものではないのだということは、特に出会い系サイトを利用して、いろいろな人とコミュニケーションをとればわかってくることです。
人妻出会いの極.comを利用して出会いを求める際には、異性に高望みをしてはいけないというのはよく言われることです。
確かに高望みは良くないと思います。
でも、だからといって自分がどういう出会いを目指しているのかを全く考えないのは、かえって出会いの効率を下げる結果になってしまうと思うのです。

プロフィール欄というものは、新しく出会いを求める人が、自分と同じように出会い系サイトを利用している人の中に、果たしてどういう人がいるのかということを確認するために必要な情報です。
いくつかの優良な出会い系サイトを同時にチェックしてみるとわかることですが、出会い系サイトを利用している人にはいろいろなタイプがいて、そのタイプというのは、自分が利用する出会い系サイトの種類によっても当然のことながら大きく変わってきます。

一番簡単な例ですが、出会い系サイトを利用してセフレとの出会いを求める人が、結婚を前提にまじめなお付き合いができる異性を探しているという人に出会ってもあまり意味がないのです。
これが出会いのミスマッチと呼ばれる現象です。
もちろん、初めはメル友という関係の前提でスタートした男女が、しばらくお付き合いを続けているうちに驚くほど意気投合して、結局は恋人同士のような言い交際をして、結局は結婚するという話も聞きますが、それははっきり言ってしまえば特殊なケースです。
いつもそれほど都合のいいお付き合いばかりができるわけではありません。

自分がどういう目的で出会い系サイトを利用するのか、結婚を前提に考えられる恋人を探しているのか、あるいはメル友やセフレがほしいのか、そういうふうに出会い系サイトを利用する目的を考えることも重要だと思いますが、それと同じくらい大事なのが、自分がお付き合いする異性にはいったいどういうものを求めるのかということを考えることだと思います。

高望みをしすぎてはいけないという話は先ほどしましたが、自分がどういう異性とお付き合いをしてみたいのかという条件については、ある程度は頭に入れておかなければならないでしょう。
プロフィール欄には自分の好みのタイプの異性というものをかける場合もありますが、実際に書いてしまうだけではなく自分の頭の中だけで考えるというのも重要な方法です。
プロフィール欄に何も書かれていない場合も多いですが、ただでさえ出会い系サイトというものは、自分にとっての出会い候補の情報をつかむことが難しい場所なんです。

本当に、特に知り合ったばかりの頃はメールのやり取りをするくらいしか相手のことについて情報をつかむ手段がないわけです。
そんな状況で、さらに出会い系サイトのプロフィール欄に何にも個人的な情報が書かれていないということになると、出会いを求めて出会い系サイトのプロフィールをチェックした人でも、もうどうしようもないわけです。

自分がどういう基準で異性を判断するかというのはもちろん人それぞれ違うのだと思いますが。

自分がだれかとの出会いを求めるときも、相手が後悔しているプロフィールの情報というのが非常に参考になるものです。
自分が好きになれそうな人とそうでない人の違いは、プロフィール欄だけではわからなくても、メールのやり取りなんかをずっと続けていると、だんだんわかってくるものです。
しゃべり方でぼろが出たり、自分がものすごく失礼なことを言っているのに、どうやらそのことに気が付いてなかったり。

顔だけを見ればものすごく好みなのに、どうしてもそういう部分で好きになれなくて、相手に幻滅するということはよくありますよね。
知り合ってしばらくしてから相手に幻滅した場合、当然のことながら、相手に対する印象が変わることになるといっても過言ではありません。
特に男女間の人間関係においては、初めは好きだったけれどもだんだんと嫌いになるという例も少なくありません。

どうしても好きになれない異性はいます。
しかしそんな異性が相手でも、長く付き合っていればだんだんと相手の長所みたいなものがわかってきて、だんだんと好きになってしまったり、また逆に、昔は好きだった人のことがだんだんと嫌いになるということもあり得ます。

また、出会った頃からあまり印象は変わらず、昔好きだったころのまんまという人もいますが、そのうち、自分の価値観や考え方もだんだん変わってきて、一度嫌いになってしまったらなかなかその印象が変わらないという場合もあるわけです。
セフレを探す場合であれ、恋人同士の関係を意識する場合であれ、どうしても好きになれない相手と付き合うのはやめた方がいいです。
お金が目当てとか、いろいろな思惑はあるのかもしれませんが、結局は長続きしないで自分が疲れるだけです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ